転職をして待遇改善を行うのが当たり前です。

休職中に転職活動は可能か

転職をして待遇改善を行うのが当たり前です。 転職を考える理由は様々です。一番は今働いている会社や仕事において何らかの不満があることです。仕事内容、職場関係、給料です。全てにおいて問題がなければそのようなことはあまり考えません。人によっては不満はないけれどももう少しレベルの高い仕事がしたいと言っている人がいます。それもやはり不満の一つになるのです。その不満が我慢が出来る程度であればそのまま頑張りますし、我慢ができないところまで行くと実際に活動に入ります。

活動に入る時期としてはあまり適さない時期があるとされます。それが休職をしている時です。まず休職をするとは、今勤めている会社に籍を置きながら何らかの理由で出社をしていない状態です。病気などが原因になるのでしょう。人によってはこの病気の原因になったことを理由に別の会社に移りたい気持ちがあるのかもしれません。その気持はわかるのですが、それが応募先の企業に伝えることができ、伝わるかになります。

それよりもまずは休職の状況を解消してから考えなおすほうがいいかもしれません。そうすれば応募するときの理由においても休職していたことについては無理に出さなくてもいいのでしょう。過去の職歴を診てもらうことができます。

Copyright (C)2022転職をして待遇改善を行うのが当たり前です。.All rights reserved.